コロナだから… ということ

 

 

コロナだから〇〇ができなかった。

コロナだからつらかった、コロナなんか嫌い、コロナに負けるな…

 

こうして言葉が飛び交った2020年。

 

これをいつまで言い続けますか?

 

私は「新型コロナ」の問題が日本だけでもなく、世界で広がったことに、必ず意味があったと思うのですが、いちばん考えさせられたのは、中身をよく考えなおすことでした。

 

それ、本当に必要なものなのか

 

学校、会社、人との付き合い方、親子関係、そしてこれからの仕事、生き方など

すべて見直しをしました。

 

不要に思ったものは捨て、家も引っ越し

職業も自分が本当に心から没頭できるものに集中することに決め、

双方にとって役に立たない付き合いをやめました。

 

自分にとって要らないもの、近くにあってはならないものを手放して

好きなこと、できること、人に心から施したいと思える仕事に集中し、

自分らしさを最大限に発揮できる生き方を選びました。

 

それを2020年に、一気にできたことは自分でも驚きでした。

 

もう今年もあと数日ですが、どんどん循環をよくして生きていこうと思っています。

 

循環をよくすることがまさに“風の時代”の生き方なんですね!